オンラインレッスン

2000/8/23

マウスピースだけの練習

マウスピースだけの練習は毎日楽器が吹けない方や、音をはずさずに吹く練習にはとても良い方法だと考えています。

ただ、1番注意しなければいけないことは、しっかりとした音程で吹くと言うことです。

力任せに大きな音で吹くことではありません。

できれば何か音程の正しいものを聞いて(ピアノでも音叉でもいいです)それに合わせて正しい音程を心がけてください。

  下の楽譜は「楽器を持ったらまず」のところにあったものですが、これをマウスピースでやってみてください。

音程が取りにくい時には、始めピアノなどの鍵盤楽器を弾きながら同時にマウスピースで吹いてください。

それに慣れましたら今度はピアノで弾き、 声に出して同じ音を歌い(これは省略しても構いません)、

マウスピースで吹き、 楽器につけて吹く ということを各フレーズごと(下の譜面の場合2小節ごと)やってみてください。

無理に音を出す必要はありませんので、でる音域で結構です。やっている内に音域は自然と広がっていきます。

この時にも大切なのは、よけいな力は使わないことです。

頭にある音を楽器で表現するための練習ですので、楽器を吹いてからマウスピースで吹くのではなく、マウスピースで吹いてから、楽器を吹いてください。