オンラインレッスン

2000/7/19

響きのある音をつくる

できるだけ一般の教則本にないことを教えていきたいと思っていますが、 今回は響きについてです。

響きのある豊かな音にするには第1にイメージが大切です。

このイメージとゆうのはこれから何度も言うことになりますが、すべてにおいて大切なことです。 「こうしたい」というイメージがないと、なかなか上手くなりません。(イメージしてもなかなかそうならないのですから)

常に大きなコンサートホールで練習ができる人は別ですが、そうでない人は、響きのある大きな会場をイメージして練習しましょう。できればある程度響きのある部屋で練習するのが望ましいです。

そうすることによってよけいな力が入らずに演奏することができます。

そして、豊かな息で(暖かい息と言う表現を使うこともありますがたっぷりの息です)下のようなアルペジョをゆっくりある程度の大きさで(フォルテなのですが、決して力まない程度の大きさです)

ゆっくりして下さい。すべてのフレーズの最後を拍にとらわれずにのばしてください。

その際、最後まで音の大きさは変えないでください。

これを自分のできる限りの調で練習してください。

高い音が自分のできる範囲内にして、あまり無理はしないで下さい。