オンラインレッスン

2015/3/14

演奏時の発音

西洋の楽器を演奏していますので、演奏時の発音は西洋の言語ですることをお薦めします。

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語はじめは何でも良いと思います。

その中では英語が一番身近な方が多いと思いますので、まずは英語で発音してみましょう。

「タ」ではなく[ta]

子音と母音を意識してください。

子音の種類がタンギングの種類です。[t][d][n][l]等です

母音は音の高さによって選択します。[a][o][u][e][i]等です。

この母音も「あ」「い」「う」ではなく[a][i][u]です。特に[a]の発音は日本語よりも多くの種類がありますから、気をつけてください。

「ッ」(促音)はありません。

日本語の小さい「ッ」の発音は英語にはありません。促音を使わずに演奏してください。

例えば、スタッカートは「タッ、タッ、タッ」ではなく[tan.tan.tan]と発音します。