オンラインレッスン

2011/4/28

演奏のためのヒント

かみ砕いて説明してしまうと余計わからなくなる場合があると思い、言われていることがよくわからない、何となくわかるから始まり、練習の中でそのことを頭の片隅において行く中で、だんだん理解していただければと思います。

仕事は部下に任せよう。

自分は上に立って、ただ指示を出すだけ、ただし、優秀な部下を育てる必要はあります。

タンギングは舌に、スライディングは腕に、それぞれ動かすタイミングと場所を指定するだけで、どう動かすかは舌と腕に任せます。

そうすると、頭はもっと音楽的なことに使うことが出来ます。

アンサンブルは勇気と決断。

勇気がないと大きな編成ほど出遅れます。(アンサンブルとは2重奏からフルオーケストラまで全てアンサンブルです)

タンギングは音を発生する時を気をつけるだけで良い。

舌を離すタイミングを命令するだけで良い。

本番は練習よりも上手くは出来ない。

良くて練習と同じ、本番だけ良くしようと思ってもうまくいかない。

演奏家は職人であり、アスリートであり、アーティストである。